lifeasobi 〜くらしとあそび〜

<

無印で木の家を建設中。山で写真を撮る夫婦の物語

大術の芸術祭に初めて行ってきたが、エリアが広くて見応え満載だった

大地の芸術祭を知っていますか?

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(だいちのげいじゅつさい えちごつまりアートトリエンナーレ、英称The Echigo-Tsumari Art Triennial)は、新潟県越後妻有地域(十日町市津南町)で開催される世界最大規模の国際芸術祭。

出典元:wiki

大地の芸術祭は下記の6つのエリアから成り

とても広い範囲でアート作品を展示しています。

  1. 十日町エリア
  2. 川西エリア
  3. 津南エリア
  4. 中里エリア
  5. 松代エリア
  6. 松之山エリア

今回、初めて3泊4日で芸術祭に行ってきました。

急遽行くことにしたので

宿は全て当日取るという行き当たりばったりの旅です。

初日の松代エリア

まつだい駅にある農舞台周辺

@lifeasobiは草間彌生さんが大好きです。

実は前々から大地の芸術祭で展示されている作品を見てみたいと思っていました。

今回、念願叶って見ることができました。

一番見たかったので作品がある松代エリアを初日に回ることにします。

基本的に1つのエリアも広く、

車で移動する必要があります。

松代エリアはまつだい駅に作品がいくつかあるので、駅に車を停めて作品を見ます。

駅の直ぐ近くの「農舞台」が中心になります。

後で気がつきましたが、農舞台の駐車場があるのでそこに車を停めた方が近くてよいです。

農舞台と作品

農舞台の周りは広場になっていて子供が沢山遊んでいました。

その近くにお目当の草間彌生の作品があります。

まつだい駅からも見ることができます。

花咲ける妻有

後ろからのショットも収めます。

うーん。

キモ可愛いです。

花咲ける妻有

十分堪能してから、農舞台周辺の他の屋外展示も見ます。

かまぼこアートセンター

まつだい住民博物館

農舞台の中にも沢山展示があります。

室内展示なので映像作品などもあります。

関係-黒板の教室

そしてここはカフェ(里山ビュッへ)が入っていましたので、開店前に並び昼食をとります。

この日は平日だったにも関わらず直ぐに満席になってしまいました。

里山ビュッへ

ビュッへだったのでついつい取りすぎてしまいます。

お味もよく雰囲気もよく最高でした。

こういう楽しみ方は芸術祭ならではかと思います。

里山ビュッへ

農舞台の作品の中では「棚田|人生のアーチ」が一番好きでした。

棚田|人生のアーチ

午前中いっぱいで農舞台の作品は全て見ることができたので、次は松代城山付近を散策します。

松代城山付近

スタッフの人に伺ったら松代城付近は歩いて1時間30分程で散策できると言われたので

歩いて散策します。

ただしお城までは遠いので、

お城は車で行った方がよいとアドバイスをいただきました。

農舞台から歩いて向かいます。

近くに全ての地域にある広域作品を見つけたのでスタンプを押していきます。

広域作品

実は芸術祭の中で何が楽しいかというと、

このスタンプラリーが楽しいです。

大人のスタンプラリーですね。

砦61

ここから見た農舞台はこんな感じです。

それ程遠くないのがわかります。

砦61から見る農舞台

この辺りは全部で8個程作品があります。

この日は夏真っ盛りだったので

この辺りから車でこればよかったと思い始めます。

ただ、車だと細い路地や林の中の作品が見れないので注意が必要です。

リバースシティ/○△□の塔と赤とんぼ

かかしプロジェクト

観測所

林に入ってこの作品を探すのに苦労しました。結構奥の方にありました。

あたかも時を光合成するように降りてきた

林を抜けると一周したことになり農舞台に戻ってきます。

林を抜けた所にはこの作品がありました。

西洋料理店 山猫軒

ここで駅に車を取りに行き松代城を目指します。

車で先ほど歩いた道を戻ります。

ガイドブックの地図がざっくりしていて作品を探すのが大変でした。

駐車スペースもめちゃくちゃ狭いです。

人生のアーチ

まづだいスモールタワー

マジックシアター

これでまつだい駅周辺は全て見たことになります。

かなりの量があり大満足です。

次にスタンプラリーのために、

いや、

芸術の為に次の駅から少し離れた松代商店街へ車で移動します。

松代商店街エリア

松代商店街エリアも6作品程あります。

時間がだんだん迫ってきたので、屋内展示を先に見て回ります。

ここは除雪機がライトアップして展示してありました。

冬の新潟を一度は体験してみたいです。

この日に飲み屋で一緒になった地元の社長さんが、

新潟の冬は耐えるのみだって言っていたのを書いていて思い出しました。

よい思い出です。

SF

この作品は日没後点灯するということでしたが、

今日は宿が六日町なので日没後の鑑賞は次の機会にします。

ゴーストダンス

そして最後に黄金の遊戯場へギリギリ飛び込みます。

こ、こ、こわいです。芸術が爆発です。

黄金の遊戯場

この日の屋内展示時間が過ぎてしまったので、

最後に残っている屋外展示を見てスタンプを集めます。

段々とスタンプ集めるのが目的に。。。いや違います

カサバラタ

松代エリアの最後の作品は

何がアートなのか分からないかない作品です。

やはりスタンプが目的に。。。

創作の庭

この時は時期じゃなかったんですね。きっと花が咲く時期があるはずです。

本日の宿と夜ご飯

この日は六日町のホテルダフィールインさんに宿泊しました。

当日に予約しましたが、なんとか部屋を抑えることができました。

ここはオープンしたばかりでとても綺麗でした。

そして温泉もあり最高でした。

夕食はホテルの方に聞いてホテル近くにある居酒屋一八さんへお邪魔しました。

ここは私達二人と

後でみえた地元の会社経営の方の2組しかお客さんはいませんでした。

でも最高でした。

ご主人がお魚の美味しい食べ方や、新潟について色々教えてくれました。

そして後からみえた社長さんが、

せっかく新潟に来たんだから飲んでくれと日本酒を奢ってくれました。

新潟を好きになってくれると嬉しいと。。。好きです!

旅行っていいですね。

長期旅行は海外志向が強かったですが日本もいいなと思い直しました。

とってもよい思い出です。

まとめ

松代エリアはとても広く一日で全て見るのは無理です。

ですので見たい作品を絞っていく必要があります。

私は草間さんの作品を見たかったので先に行きましたが、

屋外展示は夕方とか早朝の時間でも見ることができます。

そのあたりを考慮し、

屋内展示を昼間見るようにプランを立てるとよいと思います。

お昼ご飯は芸術祭のレストランで食べ、

夜はすごくよいお店に出会えて最高の一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です