lifeasobi 〜くらしとあそび〜

<

無印で木の家を建設中。山で写真を撮る夫婦の物語

【西穂丸山】雪山初心者が行く!

二度目の登場です。@Namiです。

1月12日に雪山2座目!となる西穂高の丸山まで行ってきました。

フィルム写真とともにお送りします〜

前の記事にも@lifeasobiが書いていますので追記ってかんじで書きます。

しかし問題を起こしたのはこの私…(笑)

ライフの記事はこちら。

雪山初心者と西穂高の丸山に行って、西穂山荘で名物ラーメンを食す

 

一昨年の夏山ぶりの西穂

そう。あれは2017年の8月。

西穂独標まで行きました。なかなかのガスガスさだったよなあ。

そんな西穂へ今回は雪山ー!!!

なかなかお山の前日って普通に夜まで仕事で疲れ引きずって・・・

っていう時がほとんどなのですが、今回は珍しく前日がおやすみで!

絶好調で向かいました。るんるんです。目標は独標手前。どこまでいけるかな〜??

 

西穂丸山へ向かう。が、問題が…

若干曇り気味な空。もしや今日もガス・・・

でも展望台から見える山々のかっこいいことといったら!

この日は焼岳と乗鞍にうっとりでした。

アイゼンつけるのも慣れてきましたよ。

早くなったでしょ!ってドヤって元気に出発。

雪を踏みしめる音がとっても好き。

重たそうな雪をまとってらっしゃる。

なーんて、ずんずん進んで15分くらい。

 

おやおや…?

「サングラスが、、、ない

展望台で写真撮っていた時に眩しく感じてつけた。

そのあと手に持って、準備して・・・おん?机の上な気がするぞ?

あ、そしたらスタッフさんが気付いて落し物として預かってくれているはずだ。

なくてもいけるのでは!

や、でも高いサングラスだしな…

とか色々悩む。

@lifeasobiは、自分で決めなさい。と。きびすぃ。

稜線に出て眩しかったらどうするの?

はい。ごめんなさい。戻らせてください。

 

そんなで30分タイムロスをしたのでした…。

息切れきれで戻って、探したら床に落ちていて。

拾ってくれていないだなんて…!(笑)

スタッフのおじさまと目があったので、

「忘れものです!」って言ったら驚いた顔していたよ。

あってよかった…。

 

気を取り直して、丸山へ。

サングラスがあってよかった。なんと日が差してきたじゃないですか。

美しいなあ。ふわふわの雪がキラキラしています。

しかし30分歩いたのがしんどかったのか、なかなか進みません。

いつものことか

 

なんとか西穂山荘へ

もう少しで山荘だよ〜って引っ張られながら、ゆっくりゆっくり。

やっとついたー!!!

目線の先にはイケメン焼岳。

そして、この子見たことあるー!!!かわいいー!!!

案外でかい子でした!

どうやって頭乗せたの…??ふつうにすごいくないですか。

記念写真だけ撮って、折り返して丸山へ向かいます。

 

何度も何度も振り返らされる絶景

焼岳、乗鞍が本当にかっこよくて。

何枚も写真を撮りました。

光の加減で写真は顔が変わるね。

美しいーー。

もしかしてあれ富士山では??ってお山が遠くーーにあったのですが確信がもてず。

ピーカンではなかったけれど、この日は比較的綺麗に周りのお山がしっかり見れて気持ちよい山行です。

 

危険箇所もなく丸山到着!

わーい!ついたー!

そして丸山で食べたカップヌードル・カレー。

風もほぼなく!ただ寒いのですぐ食べないとすぐ冷えます。

美味しくいただきました〜!

ふたりでひとつね。

なんでかって、山荘のラーメンが食べたいから。ふふ。

ラーメンが食べられるのが2時までとのことなので

それまでに山荘へ戻りたい。さてこれからどうする

独標手前まで行きたいと思っていましたが体力的にどこまでいけるか…

 

とりあえずは進むことに。

 

初心者にはなかなかな登り坂

丸山から独標を目指す人たちが、すいすい登っていくなぁと見ていましたが

見るより実際に登ってみると、けっこう傾斜を感じました。

風が弱いため絶対登りやすい条件だったのですが

思ったより進まない!

もっと体力つけなきゃ!すいすい登りたい!と思ったのでした。

もうちょっと先まで行きたい〜と思った時点で、

ラーメン食べるために引き返しを決定。

下りはヘタレな私。練習が必要です。

 

まとめ

もっと標高あげたかったです!悔しい!しかし経験も体力も不足です!

サングラス事件がなければもう少しいけたのかな?

山荘でラーメンを無事においしくいただき下山しました。

次の日こそお天気良さそうだったのでここで泊まりたかった…!!!

 

ということで初心者は丸山まで。

丸山から独標までは

体力、アイゼン歩行、ピッケルワーク、すべてが揃ってからまたリベンジできたらと思います。

無理は禁物。

楽しかった、また行きたい♩と思えて帰れることが一番ですね。

 

雪山講習、平日もあればなぁ。

探そうかな?と思うNamiでした。

 

読んでくださりありがとうございました。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です