lifeasobi 〜くらしとあそび〜

<

無印で木の家を建設中。山で写真を撮る夫婦の物語

登山初心者と行く残雪期の燕岳。初日はテンクラCだけど大丈夫か?

こんにちわ。@lifeasobiです。

ゴールデンウィーク明けの金曜日、土曜日で雪山初心者のNamiと燕岳に登ってきました。

いやー。

テンクラの予報では午前中がAで昼からがCだったため、

昼過ぎに着けば大丈夫だろうと思って出発したのですが、

後悔しました。

Nami
Nami

途中もう敗退を考えたよ

コースタイム4時間のところを6時間もかかったからね

lifeasobi
lifeasobi
Nami
Nami

稜線でてから雪降ってくるんだもん

とりあえず体力つけないとね

lifeasobi
lifeasobi
Nami
Nami

痩せたほうがいいよ

山に置いてこればよかった

lifeasobi
lifeasobi

計画と行程

お馴染みの中房温泉からの出発です。

平日なので朝7時の時点でも第一駐車場に余裕で停めることができました。

今回は昼から天気が崩れてくる予報なので12時には燕山荘に着く予定で出発します。

7時過ぎに出発です。

アイゼンは必要?いざ燕山荘へ

燕山荘を目指して中房温泉から出発です!

以前も同じ時期に燕岳に登ってますが、

積雪量とかは前回と同じでした。

詳しくは過去のブログを見てくれると嬉しいです。

第一、第二、第三ベンチと順調にに進みます。

アイゼンは念のために第三ベンチからつけていきます。

第三ベンチから合戦小屋までがすごく長く感じました。

合戦小屋まではアイゼンなくてもよいかもしれないですが、

合戦小屋から上はやっぱりアイゼンが必須です。

第三ベンチから合戦小屋まではアイゼンはなくてもいいかなと思います。

稜線に出てから天気が崩れてきました。

Nami
Nami

帰ろうかと思ったよ

心が折れかけたね

lifeasobi
lifeasobi

雪が降ってきたので帰るか迷いましたが、

視界は開けていたのとこれ以上は天気が崩れない予報だったので燕山荘を目指します。

しかし見えてからが遠いです。

踏ん張って、一歩一歩進んで、なんとか着くことができました。

山男さん。

お久しぶりです。

相変わらず愛嬌がある顔です。

燕山荘のご飯は日の入り日の出を考慮してくれるのか?

今回は小屋にとまりましたが、小屋に泊まった時に気になるのって、

ご飯の時間じゃないですか?

ご飯が日の入りや日の出とかぶってたりしたら嫌じゃないですか?

山に景色を見に来てるのにご飯の時間が被るなんてありえません。

しかしそこは心配は無用です。

燕山荘はそのあたりもしっかりと考慮してくれています。

日の出は18時半ですがご飯は17時半からでした。

ご飯を食べ終えて、準備してちょうど良い時間です。

朝食も日の出の1時間前に準備してくれます。

ご飯も美味しいですし、時間も考慮してくれるなんて最高ですね。

夕日と朝日は撮れるのか!?

実はこの日、星空指数が100の予報だったのでメチャクチャ期待していました。

しかし、結果は惨敗でした。

本当はこんな写真を撮りたかったです。

夕日を狙う

夕日は一瞬の晴れ間を狙ってなんとか撮ることができました。

雲がだいぶかかっていますが、

雲の隙間から見える太陽がいい感じに辺りをてらしてくれます。

ただこの日は全く槍ヶ岳が見えなかったのが残念でした。

夕日で焼ける槍ヶ岳も撮りたかったです。

日の出も一瞬の隙間を狙う

朝起きてガッカリしました。

雲がかなりかかっています。

lifeasobi
lifeasobi

朝日が見れないT-T

悲しいね

Nami
Nami

でもわずかな期待をして外にでます。

意外に寒くないですね。

待つこと10分、日が昇り始めた時に一瞬焼けてくれました。

時間と共に色が変わっていきます。

綺麗です。

地球は美しい。

山頂からの眺めは最高

なんと、日の出後は雲一つない快晴となりました。

山頂まで念のためにアイゼンをはいて出発です。

ピッケルは置いて行きます。

お馴染みのイルカさんです。

槍も見ることができました。

燕はやっぱり綺麗ですね。

山頂直下もゴツゴツしている岩はなく、美しい岩が多いです。

山頂からの眺めも最高です。

もう何時間でもいれちゃいますが、燕山荘でケーキを食べるために戻ります。

ケーキを食す

燕山荘のケーキは3種類ありましたが、今日はモンブランをいただきます。

実は昨日もケーキを食べています。

コーヒーも淹れたてでとても美味しいです。

外に持ってきてくれるとのことなので、

大自然の中でいただきます。

lifeasobi
lifeasobi

ケーキ最高だったね

おかわりしたかった!

Nami
Nami

・・・

lifeasobi
lifeasobi

最後はツバメの形をした雲をみて下山します。

ラッキー。

下山を開始したのは9時を過ぎていましたが、

天気がいいのでのんびりと下山しました。

まとめ

夜の星空は撮れなかったのですが、

朝日と夕日をなんとか撮ることができて最高でした。

コロナの影響なのか小屋には20名程しか宿泊者がおらず、

とても快適に過ごすことができました。

燕山荘はアクリル板の設置やインナーシェルフ持参の徹底がされていおり、

すごくしっかりとコロナ対策がされていました。

山も小屋もやっぱり最高な燕岳の良さを再認識できました。

使った機材

実は今回2日目の山頂でSDカードがお亡くなりになりました。

そうなんです。

写真が消えました。

lifeasobi
lifeasobi

かなしい

今回は全てNamiの写真を使いました。

NamiはFujiのX-T3を使っていますが、X-T3もいい色を出してくれますね。

朝焼けの燕岳なんてとても綺麗ですね。

X-T3最高ですね。

もちろん私のCanon R5も最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です