lifeasobi 〜くらしとあそび〜

<

無印で木の家を建設中。山で写真を撮る夫婦の物語

フィンランドのサンタクロース村に行ってサンタに会って来た!

こんにちわ。@lifeasobiです。

フィンランド3日目です。

この日のお昼はサンタクロース村のサンタに会いに行き、夜は最後のオーロラ鑑賞ツアーです。

しかし、昨晩のオーロラは凄かったなぁ。

よかったら前の記事も是非見てください。

サンタクロース村へ

サンタクロース村へはロヴァニエミからバスで15分とかで着いたでしょうか。

空港の近くにあります。

昨日の動物園やサンタクロース村へは現地ツアーなどで行くこともできますが、行くだけならこのご時世、Google Mapやネットを駆使すれば簡単に着くことができます。

Google Mapを使えばバスに乗って不安になっても向かっている方向を確認できるので便利です。

バスもサンタエクスプレスとローカルバスがあります。

ローカルバスはこちらのホームページに時刻表が載っていますので参考にしてください。

私達は9時45分にRUOKASENKATU CITY CENTERを出るバスに乗車しました。

実は時間を間違えていてホテルを5分前に出てダッシュで向かいなんとか乗れました。

こんな感じのバスに乗ります。行き先はARCTIC CIRCLEです。

切符は運転手さんから乗車時に買うのですが、
サンタビレッジと言えば慣れているので通じます。

片道3.5ユーロですね。

バスに揺られて10分程でサンタクロース村に着きました。

サンタクロース村

ライブカメラに映る

サンタクロース村に来たらやってみたいことがあります。

この村のライブカメラに映り全世界デビューすることです。

入り口を出て右手に進んだところにカメラがありました。
同じことを考えている人が集まっていたのですぐにカメラの場所がわかりました。

考えることは国は違えど皆んな一緒ですね。

北極圏への境界線を股にかける

サンタクロース村には北極圏との境界線が走っているって知っていますか?

ロヴァニエミは北極圏にはないのですが、サンタクロース村は北極圏にあります。

この旅で人生初めて北極圏に入ります。

境界は入り口近くにあります。

はい。当然やるますよね。股にかけます。

さらに股の間から覗きます。

サンタクロースに会う

サンタクロースに会うのには雪だるまの隣の正面の入り口から入ってどんどんと進んで行きます。

流石、サンタさんが住む村だけあって、世界中に送るプレゼントがいたるところに置いてあります。

日本への住所も発見しました。

実際に行かれたら日本へのプレゼントを探してみるのもいいかもしれません。

サンタさんに実際に会うことができたのですが、写真NGだったため写真は撮れませんでした。

でも、日本語が少し喋れるサンタさんでとても面白かったです。

今年のクリスマスに再会を約束して後にします。

そして、後から写真を購入できたので買うことにしました。

でも日本円で5000円。。。

た、高いよサンタさん。

このカードの裏に書かれているパスワードを使って写真がダウンロードできます。

なんと写真だけではなく、動画もダウンロードすることができました。

かなり高いですが買ってよかったです。

本場のククサ

ククサって知っていますが。登山やキャンプをする方ならご存知だと思いますが、ここフィンランドラップランド地方に伝わる伝統的なマグです。

白樺の木のこぶからできていて、送られると幸せになる言い伝えがあるようです。

実際にククサがフィンランドラップ地方の伝統的なものとは行くまで知らなかったのですが、偶然にもサンタクロース村でお店を発見して調べちゃいました。

Marttiiniのお店があったのでついつい買ってしまいました。

良いものを本場の地で買う。最高の体験だと思います。

この旅で買ってよかったものの1つです。

まとめ

サンタさんは日本語ペラペラでした。流石グローバルで活躍する仕事ですね。

サンタクロース村へは比較的簡単に行くことができます。

村の中にサンタさん以外にもマリメッコのお店や、今回ククサを購入したお店など色々あります。

ご飯もレストランなどいくつかあるようなので朝一で行って、お昼ご飯を食べて帰るのが良いかなと思います。

今回食べたサーモンの焼いてあるものが、この旅行で1番の当たりご飯だったかもしれません。

美味しかったぁ。

ん!?写真ではいまいちですと?

写真ではイマイチでも味は抜群ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です