lifeasobi 〜くらしとあそび〜

<

無印で木の家を建設中。山で写真を撮る夫婦の物語

カリモク60 KチェアのRe Forestソファーを購入した。無印の木の家に丁度よいサイズはこれだ!

こんにちわ@lifeasobiです。

新居にずっとソファーを探していたのですが、我が家は思いのほかスペースがなく大きめのソファーがおけなくて困っていました。

今回は大きさも程よくかっこよいソファーを見つけたのでそれについて書きます。

思い切って購入してしまいました。

lifeasobi
lifeasobi

思い切って買っちゃった

しっかり働くね

Nami
Nami
lifeasobi
lifeasobi

がんばれ〜

木の家に合うサイズ

僕たちの無印の木の家のリビングはそれほど広くなく、吹き抜け部分にソファーを置く予定なのですがスケルトン階段から窓までが270cmほどの長さです。

一般的な大きさの2人がけのソファーを置くとちょっと幅がギリギリになっちゃいます。

そこで少し小さめの150cm程のものを探していました。

人が一人通る幅は60cmが理想だからです。

でも小さめのソファーってすぐにへたりそうなのと、ちょっとチープな感じのものしかないんですよね。

それを解決してくれたのがカリモク60です。

Kチェアの1シーターは独身時代から使っていたのですが、Kチェアの2シーターもいいなと思い見に行くことに。

以前からちょっといいなと思い、家具の見積もりをする時にも予算に組み込んでいました。

カリモク60のKチェアRe Forest

今回はサトリーのコラボモデルを買いにいく予定で見に行きました。

でも、出会ってしまいました。

限定45脚のRe Forest。コンセプトが素晴らしいです。

このKチェアは、今まで以上に環境に配慮した素材を使用することで、環境に負荷をかけないことはもちろん、日本の森林を蘇らせることをコンセプトに、持続可能なものづくりを続けていくためのリミテッドモデルです。

https://www.karimoku60.jp/info/entry/7158/

カリモク60自体のコンセプトとしてLong Life Designといものを掲げています。Kチェアもパーツを交換したり、メンテナンスをすることで半永久的に使うことができます.

Re Forestをコンセプトに掲げているこのソファーはさらに踏み込んだストーリーを持っています。

これって、無印の家の「30年先も飽きない「暮らしの器」」というコンセプトもあっていますね。

なんだか運命を感じました。

デザインもかっこいい

もちろんコンセプトだけでなく、デザインもかっこいいです。

アームの色も採用しているフローリングのハンドスクレイプオークとあいそうです。

Nami
Nami

絶対にかわいい!

まとめ

人が一人通るスペースの60cmを取ろうと思うと小さめのソファーがよく、無印の家とも相性がよいカリモクのソファーを思い切って買ってしまいました。

結構迷ったんで、一旦一晩考えようかと思いましたが、コンセプトが無印の家と似ていて、ストーリーがある製品ということで決断しました。

ハンドスクレイプオークともよく合いそうなので、新居で使うのが楽しみです。

これを機に1シーターのKチェアもメンテナンスしようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です