lifeasobi 〜くらしとあそび〜

<

無印で木の家を建設中。山で写真を撮る夫婦の物語

MUJIとURのコラボ物件に引っ越した!!!不思議だった退去費用

こんにちは。@lifeasobiです。

前回のブログにも記入しましたが、この度引っ越すことになりました。

今のアパートに住んでまる6年です。

6年も住んでいると色々な想い出があります。

そして6年も住んでいると部屋もいたみますね。

退去時にチェックされたポイント

立会いの人と一緒にチェックするのかと思いましたが違いました。

アンケートに答えている間にチェックがおわりました。

金額からいうと5000円でした。

敷金で5000円払っているので敷金で相殺されました。

自分が部屋を掃除している時に、絶対にマイナスポイントだなとおもったのは下記でした。

郵便受けが割れている

壁紙が傷ついている

フローリングが凹んでいる

冷蔵庫の下が黒くなっている

つり天井の一部が剥がれている

ですが、チェックされた時には壁紙が少し傷ついているといわれただけで他は特に指摘を受けませんでした。

なんだか不思議です。

この部屋に引っ越す時に契約一時金として10万円取られているのでそれでまかなわれているのでしょうか(契約一時金は返ってきませんと契約書に記載があります)。

礼金の代わりに取られていたと思っていたのでよくわかりません。

6年25平米の1DKにすんでいたのですが、6年住むと耐用年数の関係から壁紙の負担はないはずです。

なので、壁紙で5000円とられたのは理解ができませんでした。

他の指摘ならまだわからなくもないのです。

不思議です。

ま、でも思っていたより安いのでよしとします。

URと無印のコラボ物件

今回の引越し先は以前内覧したことがあるURと無印のコラボ物件です。

そうです。

引っ越しました。無印の部屋に。

URと無印良品のコラボ物件を内覧してきた。よい点もあれば気になる点もあったよ。

これから家具も無印で揃えていきますよ!

私がもっていたスタッキングシェルフを早速備え付けました。

いい感じ!!!

まとめ

待機費用はもっとかかると思っていたので5000円で済んだので意外でした。

契約一時金で10万円払ったからなのか、良心的な不動産会社だったかは不明です。

でも、思ったより安かったのでラッキーでした。

6年も住むと部屋だけでなく、街にも思入れができます。

ラスト◯◯と称して思い出のお店にもいきました。

いい思い出です。ありがとう。

 

そして今後は無印のお部屋もちょこちょこ載せていきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です