lifeasobi 〜くらしとあそび〜

<

無印で木の家を建設中。山で写真を撮る夫婦の物語

MacbookProに最適なUSBハブ

最近Macbook Proを購入しました。

実はMackbookの購入を機にこのブログを始めた@lifeasobiです。

ご存知の通り、MacbookProはUSB-Cが搭載されています。USB-CとはUSBメモリでよく見る接続口(User Interface)とは形が違います。

なのでiPhone8と付属のケーブルで接続ができません。

USB TypeCとは

TypeCとは下記のような形をしています。

今までのUSB TypeAの口は上下反対向きにすると接続できませんでしたが、TypeCは上下気にすることなく接続できます。

また、簡単な特徴として、

映像出力、充電、今までのUSB機器のデータ転送が1つのポートでできます。

つまり、プロジェクタに繋ぐときも、充電するときも、iPhoneXと接続する時も

全て同じUI(User Interface)で接続できると言うことです。

最新のiPhoneはTypeCのUIになりましたが、

周辺機器が全てTypeCになることで、全て同じUIですむわけです。

お勧めUSBハブ

ですが、まだTypeCのUSB機器は少ないです。

実際に私の持っているiPhone8、外付けHDD、SDカードマウンタは全て今までのTypeAです。

なのでiPhoneの同期もできませんし、カメラの写真も取り込めません。

そこでUIを変換するハブを探して、お勧めの1つを見つけました。

今回、購入したものは JCD382 MacBook Pro専用マルチドックです。

この子です。

これはMacbook Proに接続することで7ポートにUIを増やすことができます。

このように2ポートのオス部分があります。これをMacbook Proに接続するわけです。

接続するとこんな感じです。2ポートで接続するので、グラグラすることもなく安定します。

さらにケーブルなども無いためスッキリします。個人的にはこれが決め手でした。

接続後は下記にあるように、左からThunderbolt、USB TypeC、USB TypeAが2つ、SDカード、マイクロSDと接続することができます。

USB TypeCもそのまま使えるのでMacbookを充電しながらSDカードで写真を読み込んだりすることもできますね。

またHDMI出力もできるのでモニタやTVに繋げることもできます。

まとめ

JCD382 MacBook Pro専用マルチドックはMacbook Proに最適なhubだと思います。

7ポートに拡張できるのはもちろんですが、

ケーブルが無くすっキルすること

2ポートでMacbookと接続する為グラグラしない

付けた感じカッコ良い

と言うのがお気にりの理由です。

あと当然、専用のドラバーも不要です。

お勧めですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です